⚾︎中学硬式野球クラブチーム

「世田谷成城ボーイズ」

『人生のレギュラーを取れ!』

世田谷成城ボーイズ監督をつとめさせていただいております、

勝  貴嘉亘です。

これまで子ども達に自分の経験を伝えることを仕事としてもやらせていただき、また週末は学童野球チームの監督をやらせていただき、子ども達の無限に広がる可能性をもっと広げたいと考え立ち上がりました。子ども達と一生懸命に情熱を注いで取り組み、野球を通じて社会に出て生き抜く強い力を身につけ育てていきます。師匠である太田誠氏の言葉がモットーです。

以下、太田誠氏の言葉です。

「姿即心(すがたすなわちこころ)」 
それは「心」にあると言います。

「心の意識を高めると、自分の体のこともわかってくる。心と神経や肉体は全て相関関係にある。スタートは常に心。心の態度、心の意識を高めなくてはいけない。そして、必要なのは心のキャッチボール。心が動くと足が動く。フットワークが生まれる。そうすれば正しい球の取り方ができ、守備範囲が広がる。心の守備範囲が広がっていけば出会いや発見が生まれ、どんどん人とのつきあいも高まる。とにかく、足(心)が重いのはスポーツでも生き方としてもだめ」と言い切ります。更に、世の中は勝つか負けるか。二つに一つということも多い。私たちはその中で、自信を失ったり、希望をなくしたりしています。そんなことに対して、「それに対するには、積極的な心の態度を持ち続けなければだめ。消極的になると、悲観し、相手を批判し、否定するようになる。そんなことではいい仕事はできないし、いい人間関係をつくることもできない。常に前向き。そして、過去にはこだわらないこと。それに、いつも感謝の気持ちを持ち、嘘をつかず、人間を斜めに見ることはせず、お天道さまとともに、さあ一日がんばろうという気持ちでいれば何もつらいことはない」

 

​世田谷成城ボーイズホームページ→

IMG_2617.jpg

株式会社​FUN

カツスポーツアカデミー

KATSU SPORTS ACADEMY

メール:katsu.spoaca@gmail.com

Copyright (C) 2016 katsu sports academy. All Rights Reserved.